PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
iphoneを0円で買える♪
光フレッツ申込プログラム
超人気♪アクセサリーグッズ
iphone4S ケースカバー/iphone4 ケースカバー ハードケース(クリア)

iphone4S ケースカバー/iphone4 ケースカバー ハードケース(クリア)
iphone4S ケース /iphone4 ケース  iphone4 カバー!!天使&悪魔シリーズが遂に登場。本気価格です。お得な特典付き。

iphone4S ケース /iphone4 ケース iphone4 カバー!!天使&悪魔シリーズが遂に登場。本気価格です。お得な特典付き。
ワンピース♪スマートフォン用レザー風カラビナジャケットiphone4アイフォンキャラクターケースカバーiphone4Sケースカバー

ワンピース♪スマートフォン用レザー風カラビナジャケットiphone4アイフォンキャラクターケースカバーiphone4Sケースカバー
Xperia/acro/エクスペリア/アクロ/docomo SO-02C・au IS11S/ケースカバー/ワンピースシェルジャケット【カバー/ケース】【ONEPIECE】

Xperia/acro/エクスペリア/アクロ/docomo SO-02C・au IS11S/ケースカバー/ワンピースシェルジャケット【カバー/ケース】【ONEPIECE】
[Xperia acro(docomo SO-02C/au IS11S)専用] iSexyカバー【ハードケース/カバー】【エクスペリア アクロ/acroアクロカバー】

[Xperia acro(docomo SO-02C/au IS11S)専用] iSexyカバー【ハードケース/カバー】【エクスペリア アクロ/acroアクロカバー】
Xperia/acro/エクスペリアアクロ/docomo SO-02C・au IS11S/ケースカバー/ハードコーティングシェルジャケット【エクスペリアアクロ/ケース/カバー】

Xperia/acro/エクスペリアアクロ/docomo SO-02C・au IS11S/ケースカバー/ハードコーティングシェルジャケット【エクスペリアアクロ/ケース/カバー】
AQUOS PHONE ケース SH-12C ケース アクオス フォン カバー TPU ジャケット ドコモ docomo シャープ sharp スマートフォン ケース

AQUOS PHONE ケース SH-12C ケース アクオス フォン カバー TPU ジャケット ドコモ docomo シャープ sharp スマートフォン ケース
AQUOS PHONE ケース SH-12C ケース アクオス フォン カバー ワンピース シェルカバー パンソンワークス ドコモ docomo シャープ sharp スマートフォン ケース

AQUOS PHONE ケース SH-12C ケース アクオス フォン カバー ワンピース シェルカバー パンソンワークス ドコモ docomo シャープ sharp スマートフォン ケース
ドコモ SH-12C/AQUOS PHONE/アクオスフォン/ケース/カバー/シリコンケースジャケット for docomo aquos phone sh12c【即納】

ドコモ SH-12C/AQUOS PHONE/アクオスフォン/ケース/カバー/シリコンケースジャケット for docomo aquos phone sh12c【即納】
フィリップス ドッキングスピーカー Fidelio Series DS7510

フィリップス ドッキングスピーカー Fidelio Series DS7510
スマートフォン スタンド iPhone4対応 ポータブルナビモバイル端末用フレキシブルホルダー PSP iPod対応 エクスぺリア アイフォン4

スマートフォン スタンド iPhone4対応 ポータブルナビモバイル端末用フレキシブルホルダー PSP iPod対応 エクスぺリア アイフォン4
【新品・即納・国内版】Apple iPad2 本体 Wi-Fi 32G MC770J/A  ブラック

【新品・即納・国内版】Apple iPad2 本体 Wi-Fi 32G MC770J/A ブラック
▲ノートパソコン SONY VAIO Eシリーズ VPCEB28FJ/B [ブラック] 【代引き不可】

▲ノートパソコン SONY VAIO Eシリーズ VPCEB28FJ/B [ブラック] 【代引き不可】
▲ノートパソコン 富士通 バリューシリーズ(ノートブック)  LIFEBOOK A530/AX FMVXN4DG2Z

▲ノートパソコン 富士通 バリューシリーズ(ノートブック) LIFEBOOK A530/AX FMVXN4DG2Z
パナソニック 32V型デジタルハイビジョンLED液晶テレビ VIERA TH-L32C3[返品種別A]

パナソニック 32V型デジタルハイビジョンLED液晶テレビ VIERA TH-L32C3[返品種別A]
SHARP(シャープ) 22V型デジタルフルハイビジョンLED液晶テレビブラック (別売USB HDD録画対応)LED AQUOS LC-22K5-B[返品種別A]

SHARP(シャープ) 22V型デジタルフルハイビジョンLED液晶テレビブラック (別売USB HDD録画対応)LED AQUOS LC-22K5-B[返品種別A]
もっと見る
Android auアクセサリー通販
ドコモAndroidアクセサリー通販
iphoneアクセサリー通販
ブランド通販
  • ルイヴィトン通販
  • ルイヴィトン ハンドバッグ 通販
  • ルイヴィトン 長財布 通販
  • ルイヴィトン ショルダーバッグ 通販
  • ルイヴィトン セカンドバッグ 通販
  • ルイヴィトン ボストンバッグ 通販
  • グッチ通販
  • グッチ 長財布 通販
  • シャネル通販
  • シャネル 財布 通販
  • プラダ通販
  • エルメス通販
  • バーバリー通販
  • ロエベ通販
  • フェラガモ通販
  • カルティエ通販
  • エルメス通販
  • コーチ通販
  • ロレックス通販
  • ブルガリ通販
  • オメガ通販
  • フランクミュラー
  • タグホイヤー
  • セイコー通販


  • ベビー・キッズ用品通販
  • ベビーカー通販
  • オススメサイトご紹介♪
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS

    06
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    --
    >>
    <<
    --

    モバイル通信最新情報♪

    次世代モバイルiphoneをはじめ、IT関連の動向最新情報をご提供いたしております♪

    スポンサーサイト
    0

      一定期間更新がないため広告を表示しています

      | - | | - | - | - | - |
      Facebook、HTCと提携か--うわさされる独自のスマートフォン開発
      0
         Bloombergは米国時間7月25日、Facebookが携帯端末メーカーのHTCと協力しており、2013年半ばにリリースする予定のモバイルフォンを製造すると伝えた。

         Bloombergは7月25日午後にこのニュースをTwitterで公開したが、それ以上の詳細は明らかにしなかった。

         FacebookはBloombergの報道に対するコメントを拒否し、代わりに同社の幅広いモバイル戦略について強調した。

         「われわれのモバイル戦略はシンプルだ。ソーシャルの度合いが高ければ、どのモバイルデバイスでもよいと考えている」とFacebookの担当者であるAna Brekalo氏が米CNETに述べた。「われわれは、オペレーターやハードウェアメーカー、OSプロバイダー、アプリ開発者など、モバイル業界全体と手を組んで、パワフルなソーシャル体験を世界中のより多くの人々にもたらそうとしている」(同氏)

         Facebookが独自スマートフォンのマーケティングに取り組んでいるといううわさと報道は、2年近く流れている。Facebookは2010年9月、同社がサードパーティー製のハードウェアで使用するモバイルオペレーティングシステムを開発しているという記事を否定した。米CNETはこのときも、Facebookが同社ブランドによる携帯電話の可能性についての情報を求め、ハードウェアメーカーや通信事業者に接触したことを情報筋から確認していた。

        ドコモスマホケース通販はコチラ
        ソフトバンク スマホケースはコチラ
        auスマホケース通販はコチラ
        ノートパソコン通販はコチラ
        | コンピュータ 通信 SNS | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        「Googleドライブ」は本当に使えるのか?オンラインストレージの“大物新人”を徹底調査
        0
          「オンラインストレージ」と呼ばれるサービスをご存知だろうか?  簡単に言えば、インターネット上に自分専用のファイル保存ができるスペースを提供してくれるサービスだ。

            オンラインストレージを利用することで、いつも使っているパソコンだけでなく、他のパソコンやスマートフォンなどからも、インターネット経由でファイルにアクセスが可能になり、いつでもどこでもファイルが取り出せ、閲覧したり編集したりすることができるようになる。とても便利なサービスなので、すでに利用している人も多いだろう。

           オンラインストレージは、大別すると2種類存在する。単純に外付けハードディスクのように、オンライン上にファイルを保存するタイプと、パソコンのローカルフォルダと同期するタイプだ。前者の代表的なものはWindows Live Sky DriveやNドライブなど、後者の代表的なものはDropboxやSugarSyncなどだ。

           特に後者は、専用ソフトをインストールすることで、ローカルにあるファイルが自動的に同期されるため、オンラインストレージを使っていることを意識することなく使えるというメリットがあり、人気が高い。また、他の人とファイルを共有することもでき、複数人でファイルを管理する場合などにも重宝する。

           そのオンラインストレージ界に「大物新人」が現れた。それが「Googleドライブ」だ。運営はGoogle。ローカルのフォルダと自動的に同期するタイプで、DropboxやSugarSyncと同じタイプのサービスだ。

           このGoogleドライブは、もともとGoogleが提供している無料サービス「Googleドキュメント」を機能拡張したもの。無料で5GBの容量が利用できる。ちなみに、同タイプのサービスであるDropboxは無料で2GB、SugarSyncは5GBとなっている。

           容量は有料で増やすことが可能。この料金が安いのが、Googleドライブの特徴の1つと言ってよい。25GBで月額2.49ドル、100GBで月額4.99ドル、1TBで月額49.99ドル、最大16TBで月額799.99ドルという価格設定だ。

           それに対してDropboxは、50GBで月額9.99ドル(年額99ドル)、100GBで月額19.99ドル(年額199ドル)、最大は1TBまで。SugarSyncは、30GBで月額525円(年額5250円)、60GBで月額1050円(年額1万500円)、100GBで月額1575円(年額1万5750円)、最大500GBが月額4200円(年額4万2000円)となっている。

           この料金設定を見る限り、明らかにGoogleドライブのほうが割安、かつ利用可能な容量が大きいことがわかる。つまり、オンラインストレージ界に「低価格」で殴りこみをかけてきたということなのだ。

           実際に使ってみると、DropboxやSugarSyncとほぼ同じように、ローカルのフォルダを扱っている感覚なので、違和感はない。同期速度も遅いと感じることはなく、快適と言ってもいいだろう。

           DropboxやSugarSyncには、ある特定のファイルやフォルダの固有リンクを取得する機能がないが、GoogleドライブはGmailにファイルを添付して送信する機能が使える。また、Googleの高度な検索機能がそのまま使えるので、大量のファイルからキーワードでファイルを探すといった場合に威力を発揮する。

           筆者は、普段DropboxとSugarSyncを使い分けているが、月額料金が安いGoogleドライブに一本化することも検討中。それほど、使っていて違和感がない。また、仕事上Googleドキュメントでファイルを共有していることも多いため、Googleドライブで一元管理できる点も好印象だ。

           ただし、気になる点もある。たとえば利用規約にある以下の記述だ。

           「本サービスの一部では、ユーザーがコンテンツを提供することができます。ユーザーは、そのコンテンツに対して保有する知的財産権を引き続き保持します。つまり、ユーザーのものは、そのままユーザーが所有します。」とあるものの、その後に「本サービスにユーザーがコンテンツをアップロードまたはその他の方法により提供すると、ユーザーはGoogle(および Googleと協働する第三者)に対して、そのコンテンツについて、使用、ホスト、保存、複製、変更、派生物の作成(たとえば、Google が行う翻訳、変換、または、ユーザーのコンテンツが本サービスにおいてよりよく機能するような変更により生じる派生物などの作成)、(公衆)送信、出版、公演、上映、(公開)表示、および配布を行うための全世界的なライセンスを付与することになります」

           つまり、Googleドライブにファイルを保存すると、「そのファイルはGoogleが利用してもよい」と取れる書き方になっているのだ(一部の利用目的に限られているが)。DropboxやSugarSyncでは、「基本的に利用者が公開を許したファイル以外は、誰にも開示しない」とされている。

           Googleは、インターネット上のあらゆるデータを蓄積し、それらを使って高性能な検索システムや日本語IME、各種サービスの開発に利用している。Googleドライブ内のデータも、そのような開発の一部として使われるのだろうか。ただ、それだけならば特に問題はないが、Google側がGoogleドライブの中身を分析していると思うと、あまり気持ちのいいものではない。

           サービスとしては、Googleらしく軽快で使い勝手がよく、従来のGoogleのサービスとの連携もスムーズ。そして低価格で容量がアップグレードできるなど、魅力的だ。利用規約を納得できる向きは、使ってもいいだろう。

          通販帝国-TEAM-
          カー用品 通販帝国
          iphoneケース通販
          | - | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ドコモ・au夏モデルで見えたスマートフォンの大きな“変化”
          0
            先週、au、NTTドコモが相次いで、夏商戦に向けた新製品・サービスを発表した。なかでも多くの人が注目しているスマートフォンの端末を見ると、従来とは変化している部分がいくつか見られる。今回の夏モデルで、何が変わったのだろうか?



            海外メーカーも対応“日本仕様”の搭載は当たり前に

             注目すべき要素の1つは、ワンセグ、FeliCa(おサイフケータイ)、赤外線といった、いわゆる“日本仕様”の搭載だ。従来は日本仕様の搭載が差別化要因となっていたが、今回のモデルを見ると、すでに日本仕様が当たり前になっていることがわかる。

             具体的に言うと、auはHTC Jを含む6機種すべてが、ワンセグ、FeliCa、赤外線に対応。NTTドコモも16機種中13機種が対応しているほか、残りの「Xperia GX SO-04D」「ELUGA power P-07D」「GALAXY S III SC-06D」の3機種も、FeliCaには対応している(SC-06Dはワンセグにも対応)。また、防水機能は、ソニーやサムスン、HTC以外の全メーカーが対応した。

             特に今回は、海外メーカーも日本仕様をしっかり載せた機種を投入しているのがポイントだ。LGに至っては、通常サイズの「Optimus it L-05D」だけでなく、5インチクラスの「Optimus Vu L-06D」までもが、日本仕様、かつ防水にも対応している。日本市場に向けた力の入れ具合がわかる。

             今後、“素”のスマートフォンを求める人達に向けた一部のハイエンドモデル以外は、ワンセグ、FeliCa、赤外線、防水といった機能の搭載が必須になっていくだろう。

            全機種がAndroid 4.0対応に・・
            ・ドコモスマホ夏モデル公開コチラ♪

             もう1つ、大きく変化しているのはOSだ。従来のスマートフォンに搭載されていたAndroidのバージョンは、2.3のものが大半を占めていた。だが、今回の夏商戦向けモデルでは、すべての機種がAndroid 4.0を搭載している。

             Android 4.0の発表から時間が経過しているので当たり前のようにも思うが、現在スマートフォンで主流のAndroid 2.3は、動作やインターフェースがこなれており、ユーザーが慣れてきている。ハイエンドモデルならまだしも、ミドル・ロークラスの端末についても、全機種がAndroid 4.0を搭載したことは、やや意外に感じなくもない。・・・
            ドコモスマホ夏モデル公開コチラ♪

             Android 4.0に統一された背景には、今後のキャリアのサービス展開が大きく関わっていると推測される。Androidはバージョンの違いによって動作が異なる。さまざまなバージョンの端末を用意してしまうと、アプリやサービスを開発・対応させる側の手間が膨大になる。今後さまざまなアプリやサービスを提供するには、OSのバージョンをなるべく統一した方がよいという判断が働いたのだろう。

             ただ、ある程度インターフェースや操作の作法が出来上がっていたAndroid 2.3と比べ、Android 4.0はインターフェースがあまりこなれておらず、各社がインターフェースに独自のカスタマイズを加えていることが多い。共通のインターフェースである「docomo Palette UI」への統一をある程度、図っているNTTドコモは問題が少ないかもしれないが、auは端末ごとにインターフェースが異なる。そのため、ユーザー側に混乱が起きる部分があるかもしれない。

            CPUよりネットワーク、バッテリーを重視

             性能面では高速通信への対応が進んだ。LTEやWiMAXなどの高速通信に対応したモデルが、NTTドコモが11機種、auが4機種と、両者ともに半数を超えている。高速通信の搭載はユーザー満足度向上だけでなく、3Gの負担を軽減する意味も強い。今後もこの傾向は強まりそうだ。

             バッテリーについては、ハイエンドモデルでは1800mAh、ミドルクラスでも1500mAh前後の大容量が一般的となった。スマートフォンでは従来以上にバッテリーの持ちを気にする人が多い。今後も、さらなる大容量化が進んでいくものと見られる。

             一方で、CPU性能を前面に打ち出したモデルは、クアッドコアを搭載した「ARROWS X F-10D」「ARROWS Z ISW13F」のみだ。海外向けの3GモデルではクアッドコアCPUを特徴としているGALAXY S IIIも、国内向けはLTE搭載モデルであることからデュアルコアとなっている。デュアルコアを搭載したモデルも、NTTドコモでは12機種、auでは2機種と差がある。CPUはスマートフォンの動作に影響する部分ではあるものの、現状ではユーザーにはあまり大きな訴求要素になっていないと見ることができよう。

             今回の両者の夏モデルを改めて振り返ると、auはLTEの導入が控えていることもあってか、やや機種数が少ないが、モデル的にはバランスが取れており魅力は高い。NTTドコモは幅広いモデルを16機種もそろえ、かなりの充実している。この夏にスマートフォンを購入したいと思っている人は、購入を検討するのに大いに頭を悩ませてほしい。・・・
            ドコモスマホ夏モデル公開コチラ♪


            ドコモスマホケース
            Android au ケース
            iphoneケース
            | android最新情報(Xperiaなど) | 01:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            故スティーブ・ジョブズ氏…「最後の夢はiCar」
            0
               2011年10月、56歳で死去したアップル創業者で前CEOのスティーブ・ジョブズ氏。同氏が生前、「iCar」と呼ばれる次世代自動車の開発構想を描いていたことが判明した。

              これは、米国ニューヨークで開催された講演の席で、アパレルブランドの「Jクルー」のCEOであり、アップルの社外取締役も務めるミッキー・ドレクスラー氏が明らかにしたもの。同氏は、「スティーブ・ジョブズ氏の最後の夢は、未来の車、iCarを作ることだった」と、打ち明けたのだ。

              スティーブ・ジョブズ前CEOの下で、「iPhone」、「iPad」など、立て続けにヒット商品をリリースしてきたアップル社。ジョブズ氏が作りたかったiCarとは、一体どんな車なのか。

              ミッキー・ドレクスラー氏は講演の中で、その詳細には触れていない。しかし、最近のアップル社の動向からすれば、最先端のコネクティビリティを備えた都市型EVも、ひとつの可能性として考えられる。

              果たして、ジョブス氏が思い描いていたiCarとは、どのような革新性を備えた車だったのだろうか。
              ・・・故ジョブズ氏の豪邸はコチラ

            • トップへ戻る⇒モバイル通信
            • iphoneケース&最新情報
            • 電子辞書
            • ブランド通販
            • | コンピュータ 通信 SNS | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              「新しいiPad」モデルを国内でも改名
              0
                アップルは、各国で4Gに対応した新しいiPadの名称を「Wi-Fi+Cellular」へと変更している。アップルの新しいiPadには、Wi-FiのみとWi-Fi+4Gに対応した2種類があり、これまで「Wi-Fi+4Gモデル」としてきたもの。

                 名称は、ウェブサイトで確認できる。日本でもアップルのウェブサイトでは「Wi-Fi+Cellular」へと変更。ただし、ソフトバンクモバイルのウェブサイトでは5月18日12時30分時点ではまだWi-Fi+4Gのままだ。

                 新しいiPadは、米国とカナダでLTEをサポートしているが、周波数帯の違いから日本のようにサポートしない国もある。今回はそれらの状況を踏まえたもので、変更した理由についてアップルは、「通信会社各社は、それぞれの通信方式に対し同一の名称で呼んでいないため、私たちはiPadでサポートするすべての高速ネットワークを表す名称として『Wi-Fi+Cellular』を使用することと致しました」とコメントしている。
                ・・・ipad4の早くも噂が流れたコチラ

              • トップへ戻る⇒モバイル通信最新情報♪
              • 最新ニュース速報!
              • ヘビメタ帝国
              • 防災グッズ
              • | PC/Tablet最新情報 | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |